電話回線プチ知識 TOP

このサイトについて

ここでは、電話回線の種類について紹介します。

・アナログ回線
昔からある電話回線で、アナログ信号により音声やデータなどを送受信します。

・IP電話
インターネットを介して音声やデータを送受信できるシステムで、通話料が安いという特徴があります。
ADSLまたは光ファイバー回線など利用できる環境が必要になります。

・ADSL回線
アナログ回線を介するインターネット用回線で、上記のIP電話を設置できます。
ただし、電話局との間に光ファイバー線が設置されている場合、ADSL回線が利用でj着ない場合があります。

・光回線
光ファイバー線を介して接続するインターネット用の高速回線で、電話のみの利用はできません。
電話加入権がなくともIP電話を利用することができます。

・ISDN回線
電話加入権がなくとも利用することができる回線です。
ISDN回線の場合、2回線を同時利用することが可能となっており、電話番号を3つまで持つことができるというメリットがあります。
ISDN回線を利用することで、電話番号とFAX番号を別にすることができ、離れた位置に別番号を持つ電話を設置することができます。
そのため、オフィスの電話回線に利用されることが多くなっています。
ただし、同時利用できるのは2回線までです。

    プチ知識

    おすすめ情報

    Copyright(C) 電話回線プチ知識 All Rights Reserved.